医学部への最初のステップとしての中学受験対策

息子が生まれたときから必ずや医者として世間の役に立つ人間に育て上げたいと考えていました。そのため、医学部の合格実績が高い中高一貫校を受験させることはごく自然なことでした。しかし息子が私ども両親の思い通りの医学部への熱意をはじめから持ってくれる訳がありません。最初に通わせた個別指導塾は、ただただ行ってその場で何となく問題を解き、特に家庭での学習法の指導もないまま何となく帰ってくるという有り様。息子に合わせた受験対策をさせるなら個別指導のほうがいいはず、という思い込みが間違いだったと気づかされました。
小4から思いきって中学受験対策では王道と言える大手学習塾に転塾させました。そこに通い始めてから、息子は生まれ変わったようでした。「明日は一斉テストだから復習しなきゃ!」「次のテストでAくんに勝ちたい!」「クラスで一番できるBくんと同じ中学に合格したい!」そう、息子は誰かと競争したがっていたのです。
そんな環境の中で息子は厳しくも充実した受験対策をし続け、無事私どもが念願だった第一志望校に合格を果たすことができました。医学部に挑戦する決意も最近固めてくれたようです。